ホーム > 観光・イベント > ライオンエア、ジャカルタ—KL線を毎日2往復に

ライオンエア、ジャカルタ—KL線を毎日2往復に

2012年01月16日 06:28 JST配信

【クアラルンプール=アジアインフォ】 インドネシアの格安航空会社、ライオン・エアは、ジャカルタ—クアラルンプール新国際空港(KLIA)線を毎日1便から2便に増強した。需要増に対応した。
機材はボーイングB737-900ER型機を使用。ジャカルタ発の「JT280」のKLIA到着時間は午後2時40分で、折り返し運転の「JT281」の出発時間は午後3時30分。昨年12月25比の就航便では、搭乗率がそれぞれ97%、96%と好調だった。
同航空は、格安航空ながらKLIAのメインターミナルを使用し、預け荷物は最大20キログラムまで無料となっている。

関連カテゴリ: 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。