ホーム > 統計・調査 > 第1四半期の人口、前年比0.6%増の3273万人に

第1四半期の人口、前年比0.6%増の3273万人に

2020年05月14日 15:00 JST配信

【クアランプール=マレーシアBIZナビ】 統計局の発表によると、2020年第1四半期のマレーシアの人口は3,273万人となり、前年同期比で0.6%増加した。男性が1,690万人、女性が1,584万人で、共に増加した。
 出生数は11万5,439人で、前年同期比で1.5%減少した。男児が5万9,675人、女児が5万5,764人で、共に減少した。
 死亡者数は4万3,226人で、前年同期比0.5%増加した。男性が2万4,659人、女性が1万8,567人で、共に増加した。
 州別の人口はセランゴール州が最も多く、656万9,500人だった。これに▽サバ州(390万7,500人)▽ジョホール州(377万6,600人)▽サラワク州(282万8,700人)▽ペラ州(251万8,600人)ーーが続いた。首都のクアラルンプールは、177万3,900人だった。

関連カテゴリ: 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。