ホーム > 統計・調査 > 4月の航空旅客数、前年比98.4%減の13.7万人に

4月の航空旅客数、前年比98.4%減の13.7万人に

2020年05月14日 13:00 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシア・エアポーツ(MAHB)によると、4月の国内空港における航空旅客数は前年同月比98.4%減の13.7万人となった。新型コロナウイルス「Covid-19」の感染拡大を防ぐために3月18日に施行された行動制限令(MCO)によりマレーシア人および外国人の入出国が大幅に減少したことが影響した。
 国際線は4万人で前年同月比99.1%、国内線は9.7万人で97.8%いずれも減少した。
 クアラルンプール新国際空港(KLIA)は5.6万人で、98.9%減少。国際線が99.0%マイナスの4万人で、国内線は98.9%マイナスの1.7万人となった。メインターミナル(KLIA1)の旅客数は4.9万人で98.0%、格安航空専用ターミナル(KLIA2)は8,000人で99.7%それぞれ減少した。
 KLIAを除く国内空港は8.1万人で、97.7%減少となった。国際線は99.96%マイナスの2,000人、国内線は97.2%マイナスの8.1万人だった。
 MAHBは、国内の航空会社は4月29日より国内線のフライトを再開したと明らかにした。また5月4日より条件付き行動制限令(CMCO)が導入されたことで、免税店なども営業を再開できるようになったと言明。その上で、今後は衛生や安全対策を強化し、旅客により安全な体験を確保するために、対策を講じるとした。

関連カテゴリ: 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。