ホーム > 経済 > GDP成長率、第1四半期は0.7%に大幅減速

GDP成長率、第1四半期は0.7%に大幅減速

2020年05月14日 09:00 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 中央銀行バンク・ネガラ・マレーシア(BNM)は13日、2020年第1四半期(1ー3月)の国内総生産(GDP)成長率が0.7%にとどまったと明らかにした。新型コロナウイルス「Covid-19」の感染拡大の影響を受けて、マイナス成長となった2009年第3四半期以降で最も低い伸び率となった。
 すべてのセクターが前期比、前年同期比共に下降した。これまで景気を下支えしてきたサービス業が前期の6.2%から3.1%成長に減速。製造業は1.5%で、前期の3.0%から減速した。建設業はプラス1.0%からマイナス7.9%に失速。 農業は前期のマイナス5.7%からさらに8.7%にさら悪化した。一方、前期はマイナス3.4%だった鉱業は、マイナス2.0%にやや回復した。
 国内需要は3.7%となり、前期(+4.8%)を下回った。民間消費は6.7%で、前期(+8.1%)からダウン。前期はプラス4.3%だった民間投資はマイナス2.3%に失速した。
 公共支出は前期の1.3%から5.0%に加速。その一方でマイナス8.0%だった公共投資はマイナス11.3%にダウンした。モノとサービスの輸出は、前期(ー3.4%)を下回るマイナス7.1%で、輸入は前期のマイナス2.4%から、マイナス2.5%に失速した。
 中銀は声明の中で、第1四半期のうち最初の2カ月は安定した成長がみられたと言明。3月に入りコロナウイルスの感染拡大を食い止めるため行動制限令(MCO)が施行されたことで、ほとんどの経済活動が制限されたことの影響を受けたとした。その上で第1四半期のインフレ率は0.9%で、コアインフレ率は1.3%と低い水準に止まったと指摘。第2四半期の見通しについては、引き続き成長率は減速すると予想。MCOが解除されることや景気対策が奏功して、下半期には経済活動が段階的に元に戻るとし、経済成長は回復が見込めるとの見通しを示した。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。