ホーム > 安全情報 > 新型コロナの感染者は新たに16人、3月18日以来最低に

新型コロナの感染者は新たに16人、3月18日以来最低に

2020年05月13日 09:00 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は12日、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者数が前日から16人増えて6,742人になったと発表した。行動制限令(MCO)が発令された3月18日以降、最も低い人数となった。

 新たに110人が治癒し回復者は5,223人に増加、回復率は77.47%に上昇した。新たな死者数はゼロだった。

 保健省のノール・ヒシャム事務次官によると国内の感染クラスタは34つに上り、内▽クアラルンプール(KL)のチョウキット・マーケット(29人)▽イスラム教の学校(8人)▽KLのチェラスの警備員(1人)▽ネグリ・センビラン州センダヤン(1人)ーーの4つのクラスタで現在も感染者が出ていることが分かった。

 保健省は137カ所のマーケットに関連する2万5,034人をスクリーニング検査し、内183人の感染を確認したが、これについてノーム事務次官は「今のところ食品による感染はない」と指摘。労働者向けの大規模な検査については「対象者を絞った検査が効果的である」とコメントした。条件付きMCO(CMCO)により20人以下の集会が認められたことについては「親族のみでの開催が認められており、集会を実施する際には社会的距離を厳守する必要がある」と強調した。

 サバ州保健・福祉省によると、過去2日間に新たな感染者が確認されていなかったサバ州で11日、10人の新規感染者が確認された。地域別感染者数は▽ラハド・ダトゥ(4人)▽センポルナ(3人)▽ケニンガウ(2人)▽タワウ(1人)ーーとなった。

関連カテゴリ: 安全情報

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。