ホーム > 経済, 政治・外交 > 経済的損失は1日24億リンギ、デジタル化を加速

経済的損失は1日24億リンギ、デジタル化を加速

2020年04月28日 11:00 JST配信

【クアラルンプール】 ムヒディン・ヤシン首相は25日、国営テレビなどを通じ放映された会見番組で、行動制限令(MCO)の施行で1日の経済的損失は推定24億リンギに上ると明らかにした。同時にマレーシアは今の状況を経済のデジタル化を加速するための好機とすべきと訴えた。
 ムヒディン氏は中小企業への支援を改めて表明。中小企業は労働力の70%近くが就労する重要部門であり、現金収支面などの困難を乗り切れるよう図るとした。政府は中小企業支援として100億リンギの対策を最近発表した。
 MCOについて問われたのに対しムヒディン氏は、こうした移動制限はマレーシアで初めてのことで、住民には大変な迷惑をかけているとしつつも、政府が講じている措置はすべて、恐ろしい病気の拡散を抑制するためだと述べた。
(フリー・マレーシア・トゥデー、4月26日、ベルナマ通信、4月25日)

関連カテゴリ: 経済, 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。