ホーム > 統計・調査, 観光・イベント > 2019年の国際観光収入、2.4%増の861億リンギ

2019年の国際観光収入、2.4%増の861億リンギ

2020年04月17日 09:06 JST配信

【クアラルンプール】 
マレーシア政府観光局(ツーリズム・マレーシア)は、2019年の国際観光収入が861億4,000万リンギとなり、前年比で2.4%増加したと発表した。

 東南アジア諸国連合(ASEAN)の観光客による観光収入額437億2,000万リンギと最も多く、次いで西アジアからの観光収入が多かった。
西アジアからの観光客一人当たりの支出額は同2.7%アップの1万214リンギに達した。

 全体の観光客一人当たりの支出額は1.3%増の3,300リンギとなり、消費内訳は
▽ショッピング(33.6%)▽宿泊(24%)▽飲食(13.3%)ーー
が上位を占めた。

 外国人観光客数については、1%増の2,610万人となった。
シンガポール人が1,016万人で最も多く、それに▽インドネシア人(362万人)▽中国人(311万人)▽タイ人(188万人)▽ブルネイ人(122万人)ーーが続いた。
日本人は42万4,694人だった。

地域別の観光客数伸び率は、▽南アジア(22.2%)▽東アジア(5.9%)▽南北アメリカ(4.3%)▽ヨーロッパ(0.3%)ーーが上昇したが、ASEANと西アジアはそれぞれ1.3%と2.1%ダウンした。

 平均宿泊日数(ALOS)は7.4泊で、前年比0.9泊増加。地域別のALOSは▽西アジア(9.8泊)▽ヨーロッパ(8.8泊)▽アメリカ(8.2泊)▽東アジア(6.5泊)▽南アジア(6.4泊)▽ASEAN(4.9泊)ーーとなった。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、4月12日)

関連カテゴリ: 統計・調査, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。