ホーム > 観光・イベント > KLIAエクスプレスやゲンティンリゾート、営業休止を延長

KLIAエクスプレスやゲンティンリゾート、営業休止を延長

2020年04月14日 08:58 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 
行動制限令(MCO)が4月28日まで再延長されたことで、観光・運輸サービスで影響が出ている。

 クアラルンプール(KL)のKLセントラルとKL新国際空港(KLIA)を結ぶKLIAエクスプレスとKLIAトランジットを運行するエスクプレス・レール・リンク(ERL)は、航空便減便に伴う利用者の大幅減を受けて4月4日から運休措置をMCO解除日まで続けると発表した。
購入済みの未使用チケットは、ERL顧客相談窓口を通じて平日の午前8時半から午後6時まで払い戻し手続きを行なう。

 MCO解除後については新たな運行ダイヤに基づき運行を再開する予定。
新ダイヤはMCO解除日の少なくとも3日前にERLのWebサイトwww.KLIAekspres.comで公開する。
 リゾートホテルを運営するリゾート・ワールド・ゲンティンは、▽ゲンティン・ハイランド▽アワナ・ゲンティン▽キジャル(トレンガヌ州)▽ランカウイ——のリゾート4カ所について4月28日まで営業休止を延長すると明らかにした。

関連カテゴリ: 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。