ホーム > 経済 > 速やかな政策実行が投資家の信頼確保に必要、アフィンホワン見解

速やかな政策実行が投資家の信頼確保に必要、アフィンホワン見解

2020年03月10日 10:31 JST配信

【クアラルンプール】 
国内経済は昨年第4四半期に加速したが、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染拡大の影響で低迷は確実なため、アフィン・ホワン・インベストメント・バンクは、政府に対する国民、投資家の信頼を確保するには、新政権は思い切った措置を迅速に講じ、経済成長の維持、国民所得の増大を図る必要があるとの見解を示した。

 政治上の先行き不透明が続くようであれば、内資か外資、また長期投資か有価証券投資かを問わず、多くの投資家は政治が安定するまで投資を控えると予想されるという。

 翌日物政策金利(OPR)について、アフィン・ホワンは年内に再度の0.25ポイントの引き下げを予想しており、銀行の利益に影響するとみている。

 汎マレーシア・イスラム党(PAS)が新連立政権に加わるため、賭博を手掛けるゲンティンの株価は下落の可能性があるという。
(ボルネオ・ポスト、3月9日)

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。