ホーム > 統計・調査 > ネット環境調査、マレーシアは35位=EIU

ネット環境調査、マレーシアは35位=EIU

2020年03月04日 10:11 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 
英誌エコノミストの調査部門、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)は、インターネット環境の調査「インクルーシブ・インターネット・インデックス2020」を発表。マレーシアは35位となった。

 100カ国・地域を対象にインターネットの可用性、値ごろ感、地域との関連性、整備度の4指標をランクづけしたもの。マレーシアは整備度では3位となったが、地域との関連性では33位タイ、可用性では38位、値ごろ感では43位となった。

 総合トップは、スウェーデンだった。それにニュージーランド、米国、豪州、デンマークが続いた。日本は17位だった。最下位はブルンジだった。
東南アジアからはシンガポールが15位、タイが39位、ベトナムが50位、フィリピンが63位だった。

関連カテゴリ: 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。