ホーム > 社会・生活, 観光・イベント > マレーシア航空、KL—尼クルタジャティ線を就航

マレーシア航空、KL—尼クルタジャティ線を就航

2020年02月17日 11:44 JST配信

【クアラルンプール】 

マレーシア航空(MAS)は13日、クアラルンプール新国際空港(KLIA)—インドネシア・クルタジャティ線の運航を開始した。
 月曜と木曜の週2便の運航。スケジュールはKLIA発が午後6時20分、クルタジャティ着が7時45分。クルタジャティ発は午後8時45分、KLIA着は翌日の零時10分となっている。
 クルタジャティ空港は西ジャワ州マジャレンカ県に所在し、近接する同州バンドンのフセイン・サストラヌガ空港から航空便の移動が進められていた。
(ベルナマ通信、2月14日、MAS発表資料)

関連カテゴリ: 社会・生活, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。