ホーム > 社会・生活, 経済 > 5G通信、第3四半期にも商用サービス開始=首相

5G通信、第3四半期にも商用サービス開始=首相

2020年01月19日 18:57 JST配信

マハティール・モハマド首相は、2020年第3四半期にも第5世代通信技術(5G)の商用サービスが開始されると述べた。5Gの試験運用はランカウイなどで多数の通信会社が開始している

19日に開催された「5Gマレーシア・デモンストレーション・プロジェクト」出発式に出席したマハティール首相は、2019年4月の「5Gマレーシア・ショーケース」開始以来、5G商用サービス開始に向けた準備が順調に進んでいると強調。5G推進がマレーシアの持続可能な経済成長を繁栄を国民と共有するための経済強化に向けた道程の始まりとなり、2030年までにすべての国民に標準的な生活水準を提供するという目標達成に寄与すると述べた。

その上でマハティール首相は、5Gが革新的成長のためのインフラストラクチャとして機能することが期待されるとし、「5Gと農業、教育、医療、製造、輸送、観光などのさまざまな産業セクターの融合は、産業、社会、個人に新たな機会をもたらし、より良いサービスを提供する」と言明した。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、1月20日、ベルナマ通信、1月19日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。