ホーム > 経済, 統計・調査 > そごう、QRコード支払いとNETSカード支払いを導入

そごう、QRコード支払いとNETSカード支払いを導入

2020年01月14日 19:42 JST配信

そごう(KL)デパートメント(SOGO)は、決済ソリューションのレベニュー・グループと提携し、QRコード支払いとNETSカード支払いを導入すると発表した。

決済端末200台がSOGOに提供される。決済端末はクアラルンプールにある「そごう」3店舗と、シャアラムの「セントラル・iシティ・モール」、ジョホールバルの「ミッド・バレー・サウスキー」に導入される予定。

レベニューのエディー・ン代表兼最高経営責任者は、「キャッシュレス導入によりSOGOは決済管理を簡易的かつ効率的に行えるようになるだろう」と述べた。

レベニューは今回のSOGOとの提携について、政府がキャッシュレス決済推進政策をとっている中にあって時宜に叶ったものとの認識を示しており、SOGOにとって政府のイニシアチブへの参加に向けた道を開くものとなる一方、リベニューにとっては決済手数料収入を増やすことにつながると期待している。

(ベルナマ通信、1月13日)

関連カテゴリ: 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。