ホーム > 経済, 日本関係 > ブックオフ、バンギでリユース店5号店を28日にオープン

ブックオフ、バンギでリユース店5号店を28日にオープン

2019年12月10日 19:59 JST配信

ブックオフ・グループ・ホールディングス(本社・神奈川県相模原市)のマレーシア法人BOKマーケティングは、セランゴール州バンダル・バル・バンギにリユース店舗「ジャラン・ジャラン・ジャパン(JJJ)」5号店を28日にオープンすると発表した。

店舗を開設するのは、「KIPモール」内で、売り場面積は2万156平方フィート。取扱商品は、衣料品、生活雑貨・ベビー用品・おもちゃ・ホビー・スポーツ用品・楽器・家具・アクセサリー、着物等全て日本で使用されたモノになっている。営業時間は午前10時から午後10時。売場在庫点数は約20万点となっている。

JJJは、「Preloved in Japan(日本で大切に使われていた=良質)」の商品が、「Hargagiler(現地語で「非常に安い」意味)」、「大量に」をブランドコンセプトとしている。

同社は今後数年間で、10店舗以上をオープンする予定だ。

(ベルナマ通信、12月9日)

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。