ホーム > 経済 > エアアジアとユニバーサル、音楽レーベルを立ち上げ

エアアジアとユニバーサル、音楽レーベルを立ち上げ

2019年12月09日 19:29 JST配信

アジア最大の格安航空エアアジア・グループは6日、米ユニバーサル・ミュージック・グループとの間で音楽レーベル「レッド・レコーズ」を立ち上げると発表した。

アジアのポップ・ミュージック「Aポップ』を世界中に広げることを目指したレーベルで、東南アジアからアーティストを発掘する。クアラルンプール(KL)とロスアンゼルスに拠点を置き、アーティストの育成や音楽の流通やマーケティングを行う。

レッド・レコーズは同日、タイのポップ・アーティスト、ヤンニーン・ワイゲルとの間で契約を結んだ。同社初の契約アーティストとなった。

エアアジア・グループのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)は、非航空事業が同社の売り上げに占める割合は20%程度だが、5年以内に60%に拡大すると予想していると明らかにした。

同社は先ごろ、KLのミッドバレー・メガモールに機内食を取り入れたレストラン「サンタン」をオープンしたばかり。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。