ホーム > 社会・生活, 経済 > 配車&宅配のグラブ、生鮮品配送の試験運用を開始

配車&宅配のグラブ、生鮮品配送の試験運用を開始

2019年11月22日 19:51 JST配信

配車&宅配サービスのグラブ(Grab)マレーシアは、18日より「グラブマート」サービスを試験的に開始した。

食料品、果物、健康、美容製品をオンデマンドで注文し配送してもらえるもので、現在は▽ガーディアン▽ケアリング▽マイニュース▽MBG▽MPH▽Bigファーマシー▽キアラ・スーパーマーケット▽ウタマ・フロリスト――がパートナー企業となって参加している。

実施範囲は▽ダマンサラ・アップタウン▽バンダル・ウタマ▽TTDI▽コタ・ダマンサラ▽ムティアラ・ダマンサラ▽モントキアラ▽ハルタマス――となっている。

「グラブマート」へは、「グラブアプリ」からアクセスできる。宅配サービスの「グラブエクスプレス」によく似た仕組みで、「グラブペイ」経由で支払いができる。配送料は距離に応じて5―9リンギ。「グラブリワードポイント」も獲得できる。

(ソヤチンチャウ、11月18日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。