ホーム > 社会・生活, 経済, 日本関係 > エアアジアがKLー成田線を再就航、週4往復

エアアジアがKLー成田線を再就航、週4往復

2019年11月21日 19:23 JST配信

アジア最大の格安航空エアアジアは20日、クアラルンプール(KL)ー成田線を再就航した。同社にとり初となるWi-Fiを装備したエアバス「A330」で成田に乗り入れた。

エアアジアは2014年11月にKLー成田線を開設したが、2015年8月に運行を停止していた。同路線を復活したことで、追加で年間15万席を提供することになる。来年はマレーシアでは「ビジット・マレーシア・イヤー」(観光年)、東京ではオリンピックを予定しており、観光や経済への貢献が見込まれている。

月、水、金、土曜日の週4往復の運航となる。スケジュールはKL発が0時15分、成田着が8時15分。成田発が9時半、KL着が15時45分。

エアアジアは就航を記念して、スタンダード・シートを539リンギ、プレミアム・フラット・ベッドを1,499リンギからチケット販売する。特別料金は公式ウェブサイトとアプリで24日までの販売で、渡航期間は2月28日まで。

エアアジアは、2020年1月22日から台湾経由でKLー沖縄線を就航することを計画しており。日本の乗り入れ先は、東京(成田、羽田)、大阪、札幌、福岡、名古屋の7カ所となる。

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。