ホーム > 経済 > 「プレイステーション」ゲーム開発拠点、マレーシアに開設

「プレイステーション」ゲーム開発拠点、マレーシアに開設

2019年11月09日 11:24 JST配信

ソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション」向けゲームソフト開発を手掛けるソニー・インタラクティブ・エンターテインメント・ワールドワイド・スタジオズ(SIE WWS)は、東南アジア初のスタジオをマレーシアに開設する。

8日、マレーシア投資開発庁(MIDA)とパートナーシップ協定を締結した。マレーシア法人、ソニー・インタラクティブ・エンターテインメント・ワールドワイド・スタジオズ・マレーシア(SIE WWSマレーシア)を設立。「プレイステーション」プラットフォーム向けゲームソフトの開発にあたり、他のSIE WWSスタジオと協力し「プレイステーション」向けゲームソフトのアートおよびアニメーションサービスを担当する。

マレーシア側はSIE WWSマレーシアと協力し、マレーシアを東南アジアのゲーム産業の中心として強化。ゲーム業界における雇用を創出を図る。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。