ホーム > 経済, 日本関係 > マレーシアにおけるビジネス機会セミナー、12月に東京で開催

マレーシアにおけるビジネス機会セミナー、12月に東京で開催

2019年11月05日 19:35 JST配信

「マレーシアにおけるビジネス機会」セミナーが12月4日に東京で開催される。

マレーシア投資開発庁(MIDA)のアズマン・マハムード最高経営責任者(CEO)が団長として、マレーシア外国貿易開発公社(MATRADE)や州投資促進政府機関の高官、マレーシアの民間企業より構成される代表団を率いて来日する。それに合わせて在日マレーシア大使館、マレーシア通産省 (MITI)、MIDA、MATRADEが主催するもので、日本商工会議所や東京商工会議所、日本マレーシア経済協議会(JAMECA)、日本貿易振興機構(ジェトロ)、日本アセアンセンターが共催する。

場所はホテルオークラ東京のオークラプレステージタワー1階「平安の間」。セミナーは9:30ー11:30、ビジネス相談会は11:45ー14:00に行われる。参加費は無料。

セミナーでは、アズマン・マハムードCEOが基調講演を行う。講演内容は、マレーシア経済の現状と将来展望、最新の貿易投資政策、製造業・サービス業における投資機会などについてで、第7代マレーシア首相であるマハティール・モハマド政権による新制度や選定された重点分野についての情報も提供する。パネル・ディスカッションも設けられており、マレーシア政府代表、エコノミスト、マレーシア進出企業から構成されたパネリストがマレーシアの政府のサポート体制、マクロ・ミクロの観点からのマレーシア経済、またマレーシアへの進出・事業運営の経験談について対談する。

セミナーへの参加者は、ウェブサイト(https://www.midajapan.or.jp/tokyo.htmlで11月18日まで受け付けている。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。