ホーム > 経済, 日本関係 > 法人在庫処分のShoichi、KLに「カラーズ」を開店

法人在庫処分のShoichi、KLに「カラーズ」を開店

2019年09月25日 19:37 JST配信

法人在庫処分業のShoichi(本社・大阪市中央区)は24日、アパレルショップ「Colors-カラーズ」がクアラルンプール(KL)の「ファーレンハイト88」内に新規開店したと発表した。

マレーシアで5店舗目となる「Colors-カラーズ」がオープンしたのは、9月15日。日本国内の余剰アパレルを商品として取り扱う店舗で、レディースアパレル、アパレル雑貨、コスメ、メンズ商品などを取り扱っている。

「Colorsーカラーズ」全店での販売利益の一部は、「助け合い0プロジェクト」の一環として、現地で活動するNPOやNGOを通じ社会貢献に役立てられる。

Shoichiは、日本のアパレル商品は高品質かつ東南アジアには無いデザインが好評で、マレーシアでも人気が出てきていると指摘。国内の余剰在庫を活用するため、販売価格も手頃で現地の顧客にも好評だとした上で、オープン初日からたくさんの顧客が来店したと明らかにした。同社は今後も、日本アパレルの良さを海外の顧客にアピールしていく方針だ。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。