ホーム > 経済, 日本関係, 観光・イベント > ジェトロが「日本パビリオン」開設、国際食品見本市で

ジェトロが「日本パビリオン」開設、国際食品見本市で

2019年09月19日 19:23 JST配信

日本貿易振興機構(ジェトロ)は9月24ー27日にクアラルンプール(KL)コンベンション・センターで開催される国際食品見本市「フード・アンド・ホテル・マレーシア(FHM 2019)」にジャパン・パビリオンを設置する。

15回目となる今回は日本の食品メーカー34社が和牛、魚介類、緑茶、菓子、加工食品、日本酒、飲料など水産物や畜産物など現地ニーズの高いものを中心に80種の製品を展示する。

うち28社がハラル(イスラムの戒律に則った)認証取得もしくはアルコール・豚由来成分不使用の「ムスリム・フレンドリー食品」を出品している。こうしたことから今回は初めての試みとして「ジャパン・ハラルショーケース」を設置し、和牛、日本茶、黒胡麻ペースト、アニマルフリーラーメンなど20社の40品目超の日本製ハラル商品をPRする。

また恒例のプロの日本人シェフによる料理デモンストレーションも開催。ホタテ、明太子ソース、梅干しなどの日本特有の商材を使ってマレーシア人の好む味に仕上げた料理を試食してもらう。

ジェトロKL事務所の重松広美部長によると、マレーシア人訪日客の増加を背景に日本からマレーシア向けの農林水産物・食品の輸出額は過去最高の86億円(世界第13位)に達し、前年比12.8%と伸びている。今回は特に現地のニーズ高い商材を中心に売込み、当地バイヤーに日本食の美味しさ・調理方法・品質を改めてPRする狙いがある。

主催するインフォーマ・マーケッツ・マレーシアによると、イベント規模は2年前の前回より25%拡大。2万2,000平方メートルの展示スペースに、日本、韓国、台湾、中国、トルコ、タイ、チュニジア、米国、シンガポール——など50か国・地域から1,500社が出展。日本を含む10カ国・地域が国際パビリオンを設置する。57カ国から約2万8,000人の来場者、22億リンギの成約高を見込んでいる。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。