ホーム > 統計・調査, 観光・イベント > 世界渡航先ランキング、KLは6位にアップ

世界渡航先ランキング、KLは6位にアップ

2019年09月10日 20:12 JST配信

米マスターカードが先ごろ発表した「世界渡航先ランキング」によると、クアラルンプール(KL)は6位で、前年の7位から1ランクアップした。

世界の200カ所の都市に昨年1泊以上宿泊した外国人観光客数や支出などをランク付けしたもので、トップはバンコクの2,278万人で、4年連続でトップとなった。それに▽パリ(1,910万人)▽ロンドン(1,909万人)▽ドバイ(1,593万人)▽シンガポール(1,467万人)ーーが続いた。KLはニューヨーク(6位、1,360万人)や東京(9位、1,293万人)、大阪(12位、1,014万人)よりも上位となった。

昨年KLを訪問した外国人観光客は1,379万人だった。今年は9.87%増加することが見込まれている。平均滞在期間は5.7泊で、平均支出は142米ドルだった。

関連カテゴリ: 統計・調査, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。