ホーム > 社会・生活, 政治・外交 > フェイクニュースの拡散防ぐポータル、連邦直轄地省が発表

フェイクニュースの拡散防ぐポータル、連邦直轄地省が発表

2019年08月20日 22:17 JST配信

連邦直轄地省は19日、ソーシャルメディア上でフェイクニュースの拡散を防ぐためのマレー語ニュースポータル、「ウィラーヤク(www.wilayahku.com.my)」を立ち上げた。 

「ウィラーヤク」は、1月4日にスタートした新聞のオンライン版。連邦直轄地財団の子会社であるウィラーヤ・メディア社が運営している。 

ポータルの立ち上げを発表したハリド・サマド連邦直轄地省相は、人々がソーシャルメディアの不正確な情報ではなく、ポータルで正しい情報を得て、第15回総選挙では正しい選択をすることを望んでいると言明。対立を生むようなフェイクニュースの拡散を防ぐためにはこのようなポータルが必要であると述べた。 

一方でハリド大臣は、連邦直轄地省の過去1年の活動について書かれた本を発表した。クアラルンプールやプトラジャヤ、ラブアンで実施された10項目の成果について書かれている。 

(エッジ、ベルナマ通信、8月19日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。