ホーム > 社会・生活, 経済, 統計・調査 > 7月の消費者物価指数、前月比で0.1%アップ

7月の消費者物価指数、前月比で0.1%アップ

2019年08月15日 19:41 JST配信

統計局の発表によると、2019年7月の消費者物価指数(CPI=2010年を100として算出)は全体で121.5ポイントとなった。前年同月比1.4%、前月比0.1%それぞれアップした。 

前月比では、12の調査対象グループのうち7グループでCPIが上昇した。最も上昇したのは雑品・サービスで0.4%アップした。食品・飲料が0.3%、家具・家庭用品等と交通費がそれぞれ0.2%、保健と教育、外食・宿泊がそれぞれ0.1%上昇した。一方で衣料・履物が0.4%、娯楽・文化がそれぞれ0.1%下降した。酒類・たばこ、家賃・光熱費、通信費はそれぞれ横ばいだった。 

州・地域別では、クアラルンプールが前年同月比2.2%、ペナン島で2.1%、セランゴール・プトラジャヤで1.7%、ジョホール州で1.5%上昇し、全体の1.4%を上回った。 

1ー7月の累計では全体で0.3%上昇した。最も上昇したのは家賃・光熱費で2.0%アップした。

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。