ホーム > 経済, 統計・調査 > 上半期の自動車部品輸出額、通年目標の52%を達成

上半期の自動車部品輸出額、通年目標の52%を達成

2019年08月08日 19:20 JST配信

通商産業省(Miti)は、今年の自動車部品&コンポーネントの輸出額が目標としている130億リンギの達成に向け順調にきていると明らかにした。 

今年上半期の輸出額は67.6億リンギとなり、すでに通年目標の52%を達成した。自動車部品&コンポーネントは過去5年間で大きく成長している分野で、2014年の47億リンギから2018年には3倍近い121億リンギに拡大した。 

ダレル・レイキン通産相は、「自動車部品&コンポーネント製造事業は自動車産業の成功にとって共に重要。高付加価値の自動車製造チェーンにおいて国民により多くのビジネスとキャリアの機会を創出する」とコメント。「製造プロセスの多様性、専門性の多様性、高い複雑さ(車両の組み立てと比較して)が、特にマレーシアの中小企業の間で科学、工学、技術の採用における現地の能力を高めるための重要なターゲットセクターになっている」と述べた。 

(ザ・スター、8月8日)

関連カテゴリ: 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。