ホーム > 経済 > トーヨータイヤ、事業拡張で今年450人の人材が必要に

トーヨータイヤ、事業拡張で今年450人の人材が必要に

2019年08月08日 19:19 JST配信

トーヨータイヤ・マレーシア(TTM)は、事業拡張に伴い今年は450人の熟練労働者を必要としている。 

マイク・トー社長によると、同社はカムティン・ラヤ工業団地の既存工場において7億5,000万リンギを投じて生産能力を拡大している。同プロジェクトにより、タイヤの年産量は530万本から2020年には770万本、2022年には1,010万本に拡大する。 

そのため同社は、効率的で高品質、競争力のある製品を生産するためのマレーシア人熟練労働者を必要としている。同社は2013年に設立した。当時、生産部門の人材として外国人労働者を雇用するという提案も 挙がったが、適切な訓練を行い世界で通用するようなマレーシア人の人材を育成することを決定した。 

同社は7日、人材開発基金(HRDF)と共同で実施した技術・職業訓練プログラム「HRDF・トーヨータイヤ見習い制度」の証明書を授与した。技術訓練は4カ月以上かけて行われた。今後6カ月間にわたり見習いプログラムを受講した後、TTMの生産技術者としての認定を受けることができるという。 

(ベルナマ通信、8月8日)

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。