ホーム > 社会・生活, 経済 > 出国税を9月1日から導入へ、8ー150リンギ

出国税を9月1日から導入へ、8ー150リンギ

2019年08月05日 09:27 JST配信

財務省は、マレーシアからの出国者を対象に課税する出国税を9月1日より導入すると発表した。渡航先などによるが1人8ー150リンギが課される。 

7月31日の官報に掲載された。行き先が東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国(ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)の場合は、エコノミークラスが8リンギ、それ以外のクラスは50リンギ。ASEAN以外のエコノミークラスが20リンギ、その以外のクラスは150リンギとなる。2歳以下の幼児や航空機の乗務員、12時間以内の乗り継ぎなどは課税対象外となる。 

出国税は、昨年11月に発表された今年度予算案に盛り込まれたもので、当初は6月1日の導入を予定していたが、延期していた。 

国内の航空会社や国際航空運送協会(IATA)は政府に対して再検討を求めていた。IATAの分析にによると出国税の導入により、年間の国際線の旅客数は最大で83万5,000人減少することが見込まれている。航空業の国内総生産(GDP)が最大4億1,900万リンギ減り、5,300人の人員削減が行われる可能性があるという。 
 

ザ・スター、8月5日、エッジ、8月2日

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。