ホーム > 経済 > タイでの航空貨物扱いでエアアジア、物流のトリプル・アイと合弁

タイでの航空貨物扱いでエアアジア、物流のトリプル・アイと合弁

2019年07月26日 20:11 JST配信

格安航空のエアアジア・グループはシンガポール子会社のテレポート・エブリホエアを通じ、タイの物流会社トリプル・アイ・ロジスティクスと同国において合弁会社を設けると発表した。 

合弁会社はエアアジア・グループのタイ・エアアジアおよびタイ・エアアジア・エックスの貨物取扱代理店として機能する。トリプル・アイは混載貨物、物流で27年の経験があり、テレポートはアジア35都市で物流サービスを提供している。 

合弁会社は、アジア太平洋地域100都市で週1万便を運航しているエアアジア・グループの空運ネットワークを活用し、東南アジア全域でスムーズな貨物輸送サービスを提供する。 

ザ・スター、ザ・サン、7月26日

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。