ホーム > 経済, 統計・調査 > マレーシアGDP、昨年は世界36位=世界銀行

マレーシアGDP、昨年は世界36位=世界銀行

2019年07月10日 19:28 JST配信

世界銀行(WB)の発表によると、2018年のマレーシアの国内総生産(GDP、名目)は3,543億4,842万米ドル(約1.47兆リンギ)となった。世界205カ国・地域中で36位となり、前年から2ランクアップした。 

マレーシアの国民一人当たりの国民総所得(GNI)は1万460米ドル(約4.3万リンギ)で、192カ国・地域中で74位だった。 

東南アジア諸国連合(ASEAN)では、GDPトップはインドネシア(世界16位、1兆422億米ドル)で、以下、タイ(25位、5,050億米ドル)、シンガポール(34位、3,642億米ドル)の順となった。トップは米国の20兆4,941億米ドルで、2位は中国の13億6,082億米ドル。日本は4兆9,709億米ドルで、世界3位となった。

南洋商報

関連カテゴリ: 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。