ホーム > 統計・調査 > ムスリムの10%が「自由主義」実践、ジョホール州で

ムスリムの10%が「自由主義」実践、ジョホール州で

2019年07月09日 07:46 JST配信

【イスカンダル・プテリ】 ジョホール州に住むムスリムのうち10%がイスラムを脅かしかねない「自由主義」を実践しているとみられることが、同州イスラム問題局(Jainj)の特別チームが実施した調査で分かった。

 同州イスラム宗教・農業・地方開発委員会のトスリン・ジャルヴァンティ議長が州議会で明らかにしたもので、多くが40—50歳代で、講師やエンジニアなどの職業についているインテリだったという。

 トスリン氏は、自由主義が依然として州内で統制下にあるもののジョホール州政府は依然としてこの問題を重くみていると強調。「州政府は調査及び監視を通じて、自由主義の広がりを抑制するための努力を絶えず行っている」と述べた。

 

関連カテゴリ: 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。