ホーム > 統計・調査 > 清涼飲料の摂取頻度、「日に数回」は6%=調査

清涼飲料の摂取頻度、「日に数回」は6%=調査

2019年07月08日 07:45 JST配信

【クアラルンプール】 7月1日付けで糖分含有量の多い飲料への課税(砂糖税)の課税が開始されたが、世論調査機関「YouGov」によると、清涼飲料の摂取頻度についてマレーシア人は「週に数回」及び「月に数回」との回答が共に20%となり、比率が最も高かった。

 同調査には1,022人が回答。「月に1回未満」は18%、「月に1回」は9%、「週に1回」は16%、「日に少なくとも1回以上」は8%、「日に数回」は6%だった。また「まったく飲まない」は3%にとどまった。

 「砂糖税」の課税実施の意義については、25%が「どちらかと言えば有益」、8%が「非常に有益」とそれぞれ回答し、ポジティブ意見は33%にとどまった。

関連カテゴリ: 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。