ホーム > 三面・事件 > 国王に賞賛の声、事故現場で被害者気遣う画像が話題

国王に賞賛の声、事故現場で被害者気遣う画像が話題

2019年07月06日 17:41 JST配信

【クアラルンプール】 一般客と同じようにKFC店のカウンターに並んでフライドチキンを購入している映像が「謙虚だ」と話題を呼んだアブドラ・リアヤトゥディン国王が、今度は通りかかった交通事故現場に立ち寄って被害者を気遣っている映像が公開され再び話題となっている。

 撮影されたのは王宮からプトラジャヤに向かう高速道路で、中央分離帯に乗り上げたプロドゥア「アルザ」とその脇に立ったスーツ姿の国王、事故被害者のマレー人女性が写っている。

 王宮によると「アルザ」は雨でスリップしたもので、運転していた女性にケガはなかったという。国王はわざわざ車を止めて下車し、女性に声をかけて気遣った上で、予定されていたマハティール•モハマド首相との面会のためにプトラジャヤに向かった。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。