ホーム > 三面・事件 > 貨物機での密航未遂、着陸装置に潜んだ男を逮捕

貨物機での密航未遂、着陸装置に潜んだ男を逮捕

2019年05月26日 17:06 JST配信

【ジョージタウン】 ペナン州警察は13日午前、ペナン国際空港で貨物機の着陸装置(ランディングギア)の格納庫に潜んで密航しようとしたインドネシア人を立入禁止区域への不法侵入容疑で逮捕した。

 逮捕された男(39)は鶏肉処理工場の労働者で、インドネシアのメダンまで帰る航空券を買う金がなかったため密航を企てた模様。整備員に発見されて御用となった。そのまま密航がバレなければ、貨物機が着陸装置の不具合で事故を起こしたり、男が低体温症で死亡するリスクがあった。

 警察は、男がどのようにして空港の立入禁止区域に入ったのか詳しく調べている。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。