ホーム > 統計・調査 > 「フォーブス2000」、マレーシアから9社がランクイン

「フォーブス2000」、マレーシアから9社がランクイン

2019年05月23日 07:24 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 経済誌「フォーブス」が発表した2019年最新版の世界の有力企業ランキング「グローバル2000」を発表。マレーシアからは9社が2,000位以内に入ったが、前年調査の13社には及ばなかった。

 マレーシア企業ではマラヤン・バンキング(メイバンク)の378位が最高で、前年調査の394位から16ランクアップした。時価総額は240億米ドル、資産額は1,953億米ドルと評価された。

 マレーシア2位は国営電力会社、テナガ・ナショナル(612位、時価総額167億米ドル)で、3位は時価総額でマレーシア2位だったパブリック・バンク(644位、時価総額210億米ドル)。4位は資産額で同2位だったCIMBグループ(659位、同117億米ドル)と続いた。

関連カテゴリ: 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。