ホーム > 経済 > 「ティーライブ」運営会社、来年上場を計画

「ティーライブ」運営会社、来年上場を計画

2019年05月16日 07:42 JST配信

【クアラルンプール】 マレーシア発のバブルティー・チェーン「ティーライブ(Tealive)」を運営するルーブ・ホールディングスは、来年上半期にも上場を通じて最大3億リンギ規模の調達を目指す方針だ。

 国際進出をさらに加速させたい考え。すでに進出しているベトナムやオーストラリア、中国に加え英国にも5月中に店舗をオープンする予定。現在マレーシア国内で250店舗運営しているが、2020年には15カ国で1,000店舗の運営を目指す。

 

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。