ホーム > 社会・生活, 経済, 観光・イベント, ロングステイ > 格安航空ファイアフライ、モバイル予約を開始

格安航空ファイアフライ、モバイル予約を開始

2012年06月20日 09:38 JST配信

【クアラルンプール】 マレーシア航空(MAS)の格安部門、ファイアフライ航空は18日、モバイル予約システムおよびエンプティ・シート・オプションの導入を発表した。
声明によると、モバイル予約システムの導入によりモバイル機器を利用した予約のほか預け荷物の重量追加、スポーツ用品持ち込みなどの追加料金支払い、予約内容の照会などができるようになった。
モバイル予約を行うアプリケーションは、アンドロイド搭載の携帯機器向けバージョンが「グーグル・プレイ・ストア」から、アイパッドおよびアイフォーン向けバージョンは「アイチューンズ」から無料でダウンロードすることができる。
エンプティ・シート・オプションは自分の席の隣の空席を低価格で購入することができるオプションで、よりリラックスした快適なフライトを楽しむことができる。
エンプティ・シート・オプションは米オプションタウンが管理するシステムで、フライト出発時刻の3時間前に隣の席を確保することができるかの連絡がユーザーに入り、購入が不可能な場合は料金が返金される。サインアップ料金は返金の対象にはならない。

ベルナマ通信、6月18日

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済, 観光・イベント, ロングステイ

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。