ホーム > 政治・外交 > マハティール首相への支持率が46%に下落=ムルデカ調査

マハティール首相への支持率が46%に下落=ムルデカ調査

2019年04月30日 07:51 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ムルデカ・センターの最新世論調査によると、マハティール モハマド首相個人に対する3月11日時点での支持率は46%で、前回調査(1月29日時点)での58%を下回り、初めて50%を割りこんだ。マハティール首相個人に対する支持率は総選挙直後の昨年5月31日時点では83%に達したが、その後は下落傾向となっている。

 与党連合・希望同盟(PH)政権に対する支持率も39%にとどまり、前回調査の52%を大幅に下回った。PH政権に対する支持率も政権発足直後の79%から下落傾向にある。 

関連カテゴリ: 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。