ホーム > 経済 > プロトン、改良版「アイリス」&「ペルソナ」を発表

プロトン、改良版「アイリス」&「ペルソナ」を発表

2019年04月25日 07:36 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 国民車メーカー、プロトン・ホールディングスは23日、Bセグメントの小型ハッチバック車「アイリス」及び小型セダン「ペルソナ」の2019年改良版を発表した。両モデルとも大幅な改良を加えた上で価格を大幅に引き下げた。

 新「アイリス」は367カ所を改良。ブレーキ性能や燃費、安全性が改善した。価格は旧型の同グレードより1,100—4,100リンギ引き下げ、最安の「1.3スタンダードMT」が3万6,700リンギ、最高グレードの「1.6プレミアムCVT」が5万700リンギとなっている。車体カラーは5色で、5年もしくは走行距離15万キロメートルの保証がつく。2014年の発売時の最安価格は4万2,000リンギだった。

 新「ペルソナ」は同じく303カ所を改良。ブレーキ性能や燃費、静粛性、ドライバビリティが改善した。最安の「1.6スタンダードMT」が4万2,600リンギ、最高グレードの「1.6プレミアムCVT」が5万4,600リンギとなっている。2016年の発売時と比べて最大5,000リンギ価格を引き下げた。車体カラーは5色で、5年もしくは走行距離15万キロメートルの保証がつく。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。