ホーム > 経済 > エアアジアがベトナム合弁を解消、提携先変更で再挑戦か

エアアジアがベトナム合弁を解消、提携先変更で再挑戦か

2019年04月19日 18:36 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 格安航空会社エアアジア・グループは、ベトナムのパートナー企業と取り交していた同国における格安航空会社設立を目指した合弁契約を解消したと発表した。理由については明らかにしていない。

 ブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)に宛てた声明によると、全額出資子会社のエアアジア・インベストメント・リミテッド(AAIL)、ベトナムのグミン・カンパニー、そして両社が設立したハイオー・アビエーション・ジョイント・ストック・カンパニー(HAA)の間で、合弁会社を即時解散することで合意した。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。