ホーム > 三面・事件 > 紙製ストローへの切り替え、飲料価格10セン上昇か

紙製ストローへの切り替え、飲料価格10セン上昇か

2019年02月24日 12:47 JST配信

【クアラルンプール】 環境破壊につながるプラスチック製ストローの廃止が求められているが、ワックスをコーティングした紙製ストローに切り替えられた場合、飲料価格が1杯当たり10セン以上上昇するとみられている。

 プラスチック製ストローは1本3センだが、紙製だと10—15センと大幅に高くなっている。プラスチック製品業界では、紙製ストローを無料で提供する飲料販売店は利幅の大きい一部の高級カフェやホテルだけであり、多くの店舗は紙製を無償提供する準備はできておらず、価格に上乗せせざるを得ないとみられる。

 連邦直轄地省は今年1月1日付けで連邦直轄地を対象に飲食店でのプラスチック製ストローの使用を禁止とした。今年いっぱいは猶予期間とし来年1月より取り締まりを実施するとしている。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。