ホーム > 三面・事件 > トラック荷台から犬吊り下げ、非難殺到で飼い主逮捕

トラック荷台から犬吊り下げ、非難殺到で飼い主逮捕

2019年02月21日 07:45 JST配信

【タイピン=マレーシアBIZナビ】 ピックアップトラックの荷台から吊り下げられた犬の動画がソーシャルネットワークで拡散。ペラ州タイピン在住の飼い主に非難の声が殺到し、動物虐待だとして逮捕された。しかし飼い主の家族は荷台に載せていた犬が途中で飛び出したのに気付かなかっただけで、虐待はしていないと反論している。

 「フェイスブック」に掲載された問題の動画は10日未明に車載カメラで撮影されたもので、走行中のトラックの荷台から犬が宙ぶらりんになった状態でもがいている様子が45秒にわたって映っている。動画をみた市民からの通報を受け、タイピン警察がトラックを特定。11日にトラックの持ち主である華人男性(58)を逮捕した。

 男性の逮捕を受けて息子(33)は、自宅の防犯カメラにも父親が犬を荷台に載せてロープで繋いでいる様子が映っているとし、犬が荷台から飛び出したのを気付かずに運転したものであり虐待には当たらないと反論。何日も拘留するのは行き過ぎだと批判している。

 この犬には物を噛むという問題行動があったため、夜中に父親がこっそり捨てに行こうとしていたという。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。