ホーム > 三面・事件 > 豚の検査キット「ハラル認証ではない」製造元が注意呼びかけ

豚の検査キット「ハラル認証ではない」製造元が注意呼びかけ

2019年02月15日 07:34 JST配信

【ペタリンジャヤ】 豚の成分が検出できる簡易キット「ポーク・ミート・テスト」の製造元であるイフティタ・ソリューションズ(M)は、同社製品がハラル(イスラムの戒律に則った)であることを決定するものではないと消費者に注意を呼びかけた。

 同社によると、同検査キットはイムノクロマトグラフィーの原理に基づいたもので、DNA検査と比較して簡単で迅速な結果を得るための低コストの方法。豚由来の成分が入っていないことを検出するためのものであって豚のDNAまで検出するものではなく、ハラル(イスラムの戒律に則った)かどうかはイスラム開発局(Jakim)が化学部の検査結果によってのみ決まるものだと指摘した。疑わしい食品に関して速やかに検査することが目的だという。

 同社のウェブサイトによると、検査したい肉汁やスープなどの液体に紙製のテスターを決められた目盛りまで10秒間浸して、10分で結果がわかると謳っている。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。