ホーム > 三面・事件 > 中国がナジブ政権と「1MDB」密約、WSJ紙が報道

中国がナジブ政権と「1MDB」密約、WSJ紙が報道

2019年01月09日 20:54 JST配信

【クアラルンプール】 中国政府が不正資金流用問題に揺れる1MDBの救済をナジブ•ラザク前政権に申し出、見返りに中国側に有利な大型インフラプロジェクト契約を結ぶよう持ちかけていたと米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。これを受けてリム・グアンエン財務相は新政権としても追求していく方針を明らかにした。

 WSJがこのほど明らかにした未公開の議事録によると、ナジブ前首相及び関係者に対する国際的な捜査を中止させるために「諸外国に対する影響力」を行使すると申し出た。その見返りに東海岸鉄道線(ECER)やサバ州のガスパイプライン計画で中国企業と有利な契約を結ぶよう持ちかけていたという。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。