ホーム > 経済, 日本関係 > SBIジャパンネクスト、N2Nの株式を取得

SBIジャパンネクスト、N2Nの株式を取得

2019年01月02日 20:41 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 私設取引システムの運営会社であるSBIジャパンネクスト証券(本社・東京都港区)は12月26日、アジアにおける私設取引システム開発に関して協業することを目的として、マレーシアのN2Nコネクト社の11.65%の株式を取得したと明らかにした。

 SBIジャパンネクスト証券とN2N社は、協業によりアジア地域においてより多くの取引を推進することを通じ、新たな機会を切り開き、クロスボーダー取引の一層の普及を促進する計画だ。

 マレーシアや香港、マカオ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、シンガポール、タイなどの国々にまたがるN2Nのアジア・トレーディング・ハブは、SBIジャパンネクスト証券の私設取引システムを通じて、日本の株式および債券に対するアジア地域の投資を喚起する理想的なプラットフォームを提供する。また、N2Nの既存の顧客層であるアジア地域のブローカーは、アジア市場を日本の投資家にアピールし、日本の流動性プールを各市場において活用する機会を得ることができるようになる。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。