ホーム > 政治・外交 > ザヒドUMNO総裁が休養、職務を副総裁に引き継ぎ

ザヒドUMNO総裁が休養、職務を副総裁に引き継ぎ

2018年12月19日 20:00 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 野党第一党・統一マレー国民組織(UMNO)のアハマド・ザヒド・ハミディ総裁(前副首相)が18日、党内役職をモハマド・ハサン副総裁に引き次ぐと発表した。

 党内から辞任を求める声が相次いでいることを受け、党内運営の継続が難しいと判断した。ザヒド氏は党内の混乱を防ぐためだと説明し、あくまで辞任ではなく休養だと強調している。

 ザヒド氏は声明の中で「私が直面しているような刑事訴追が自分に及ぶことを心配する一部の幹部がいることを理解している」とした上で、「党リーダーシップに関する論争を止めて、党の強化に専心することを希望する」と強調。これ以上の離党者を出さないための党内団結を訴えた。

関連カテゴリ: 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。