ホーム > 三面・事件 > バトゥフェリンギの評価が低下、環境改善が課題

バトゥフェリンギの評価が低下、環境改善が課題

2018年12月09日 07:32 JST配信

【ジョージタウン】 ペナン島を代表する観光スポット、バトゥ・フェリンギに対する観光客の評価が低下しており、環境の美化が課題となっている。

 旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」によると、ペナンの多くの観光地は5段階評価で4以上となっているが、バトゥ・フェリンギは3.5にとどまっている。旅行者の評価は「とても良い」は18%、「良い」は31%、「普通」は34%だったが、「悪い」は13%、「とても悪い」も4%あった。「とても悪い」の多くがビーチや海岸の水質が悪いと指摘しており、騒がしいとの批判も多い。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。