ホーム > 経済, 統計・調査 > マレーシア経済、今年は4.9%の成長見込む=世界銀行

マレーシア経済、今年は4.9%の成長見込む=世界銀行

2018年10月09日 07:18 JST配信

【クアラルンプール】 世界銀行は4日発表した声明の中で、マレーシア経済は2018年に4.9%の成長となり、2019年には4.7%、2020年には4.6%成長に減速するとの予想を示した。世界銀行は、2020年から2024年の間にマレーシアが高所得国家の仲間入りをすると見込んでいる。

 2018年の国内経済は民間消費の伸びに支えられるが、開放型経済であることから外的環境の不確実性に関連する実質的なリスクに直面するとの予想だ。世界銀行は2018年10月の東アジア・太平洋地域の経済動向に関する報告書で、先進国経済の金融政策の変化への期待や他地域での危機により引き起こされている金融市場の変動がマレーシアを含めた新興国市場にも広まるとの見方を示した。他にも主要国経済の保護主義的傾向の高まり、貿易の緊張の高まりが重大なリスクになるとしている。

関連カテゴリ: 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。