ホーム > 三面・事件 > 部下を怒鳴る上司の動画拡散、マキシスが遺憾の意

部下を怒鳴る上司の動画拡散、マキシスが遺憾の意

2018年10月06日 07:42 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マネジャーらしき華人女性が部下のマレー人女性を激しい調子で怒鳴りつけている様子を撮影した動画が「フェイスブック」上で拡散。華人女性に対する批判の声が上がっている。

 問題の動画は1分半ほどの長さで、通信大手マキシス・コミュニケーションズの社内で撮影されたとみられる。9月30日に投稿されたが、あっという間に拡散。44万7,000回視聴された。

 怒った様子の華人女性は「座ってSNSをすぐに送りなさい。なぜ言われた通りにできないの?」と叫び、妊婦であるマレー人女性に指を突きつけながら叱っている。マレー人女性は言われるままになっている様子が映っている。

 これを見た人々から、華人女性に対する批判の書き込みが殺到。中には「クビにしなければマキシスとの契約を解除する」といった会社に対する抗議の声も上がっている。これに対しマキシスは事実関係の調査を進めているとした上で、被害に遭ったマレー人女性には遺憾の意を伝えると表明した。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。