ホーム > 経済 > ビジネス信頼指数、多くの企業が先行き楽観=RAM

ビジネス信頼指数、多くの企業が先行き楽観=RAM

2018年10月01日 16:42 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 格付け会社、レーティング・エージェンシー・マレーシア(RAM)は、2018年第4四半期—2019年第1四半期の最新版の「RAMビジネス信頼指数(RAM BCI)」調査結果を発表。多くの企業が来年に向けて楽観視していることが分かった。

 同調査は▽建設▽製造▽小売・卸売り▽ビジネスサービス/農業▽鉱業▽運輸・倉庫——の5つのセクターに属する大小約3,500社を対象に実施したもので、指数が50を超えると楽観的、下回ると悲観的であることを表す。

 RAM BCI指数は大企業が55.7、中小企業(SME)が53.5で、共に50をオーバー。ただ大企業が前回調査に比べて1.1ポイント下がった一方、SMEは1.4ポイント上がったため両者の差が縮まった。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。