ホーム > 経済 > 日立化成、ジョホール子会社に技術センター開設へ

日立化成、ジョホール子会社に技術センター開設へ

2018年09月17日 07:32 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 日立化成(本社・東京都千代田区)は13日、ジョホール州の子会社、日立化成(ジョホール)内に、感光性フィルム(商品名「フォテック」)を用いて形成したプリント配線板の回路形状の確認や回路幅の測定などの各種特性評価、およびプリント配線板の不良原因分析を行う「技術センター」を開設すると発表した。  

 技術センターは今年10月の開設を計画しており、これにより東南アジア各国をはじめ、韓国や台湾などアジアの顧客のプリント配線板の開発期間の短縮や、プリント配線板の回路を形成する工程における歩留まりの改善策のタイムリーな提供が可能になる。 

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。